建築家・ナイトウタカシさんのブログ「使いやすいワークスペースをつくるには?」

使いやすいワークスペースをつくるには?

2022/09/22 更新

気持ちのいい吹き抜けがあります。



とある家づくりの現場です。

石膏ボードが張り終わって、内部の建具も設置されてます。



ここまでくると、ずいぶんと部屋らしくなりますね。



大工さんの工事が、ほぼ完了していて、

いよいよ仕上げの工程へと入っていきます。



ちなみに。

石膏ボードの、この色の壁と天井の状態で、

ここまで明るいということなので。。



明るい壁紙にすると、光が反射したりして、

かなり広い範囲まで、明るさが広がっていきます。



そうそう。

一枚目の右側に見えているのは、ワークスペース。



デスクワークするもよし。

子供が勉強するもよし。



そんなスペースです。

少し高めに設置した横長の窓は、北に面しているので、

昼間は、優しい光が差し込んできます。



こういったスペースは、直接の光が入りすぎると、

まぶしかったりして、集中できないということで、

北面に設置される方もいるくらい。



こちらのワークスペースを見ると、

それも納得できますね。



それと、その窓の下は、少し色の違う壁になってますよね。



これ。

磁石がくっつく、石膏ボードなんです。

この上に、壁紙等仕上げができるのは、魅力ですよね。



ホーローパネルとか違う素材でもいいのですが、

いかにも、そこにある!という感じにしたくない場合は、

こちらもオススメ。



ただし。

壁紙を一枚挟むので、くっくつ力は、あまり強くないので、

それだけは注意してくださいね。





こちらの家では、タモの集成材を使った、スケルトン階段にしてます。



ご主人は、ごつくて、安定感のある階段が好き。

奥様は、軽やかですっきりとした階段が好き。



そのちょうど中間をとったような階段。



スケルトンで、軽やかですが、踏板はしっかりと厚みがあって、

安定感は抜群ですし、見た目も安心ですよね。



手前側には、黒いアイアンの手すりがつきますが、

ちょっと寸法違いがあったようで、再製作に。。



それと奥にある手すりも、よく見かける丸型とは、

ちょっと違いますよね。



丸型より太くて存在感はありますが、

階段と同じタモ材でできていて、なじみがいいですし、

角型なので、シャープに見せることはできますね。



こちらは、製作ではなく、ウッドワンの既製品。

既製品らしくない雰囲気がよいですよ。



興味ある方は調べてみてください。





吹き抜けの2階部分を見たところ。



吹き抜け周りを、黒いアイアンの手すりにすることで、

下から見たときに、広がって見えるようにしています。



画像でみると、かなり華奢で、グラグラしてしまいそうですが、

大人が強く押しても、まったくガタついたりはせず、

すごく頑丈に固定されていました。



それと。

手すりをすべてアイアンにすると、

よりスッキリ感を演出できるかもしれませんが、

こちらの家では、手すりのトップに、タモ材を設置してます。



鉄そのものより、木の方が、肌触りがいいですからね。



ちょっとしたことなんですが、大事にしてます。





こちらの家。

これから一気に変化していきます。



その変身ぶりを見るのが、楽しみですね。



また、ご紹介しますよ。

注目の建築家

ARCHITECT’S BLOG

建築家ブログ最新記事:RSS

引き渡し前の最終検査へ立ち…

ナイトウタカシ

2022.09.28
とある家づくりの現場。 内...

建築家:ナイトウタカシ

家を新しくする人たちへ

中村弘道

2022.09.27
建築家から見た一般の人に向けた建築...

建築家:中村弘道

大事な説明は聞く側の立場に…

ナイトウタカシ

2022.09.27
その後、とある家づくりの打ち合わせ...

建築家:ナイトウタカシ

Cute House 完成…

北原啓子

2022.09.26
若いご夫妻の可愛い家造り、完了しま...

建築家:北原啓子

現場の打ち合わせから土地探…

ナイトウタカシ

2022.09.26
とある家づくりの現場。 昨日、こ...

建築家:ナイトウタカシ

建築家ブログ記事一覧へ

ISSUE

how to use

建築家オウチーノの使い方

FAQ -よくある質問と答え-

専用フォームで24時間お問い合わせ受け付けます

一般の方、建築家の方、不動産会社の方専用フォーム

TRUSTe

このページの先頭へ