こんなにある!キッチンの設備機器|リフォーム、増築・改築ならリフォームO-uccino

リフォーム費用「比較サイト」
リフォームO-uccino(オウチーノ)

リフォームO-uccino(オウチーノ) ナビゲートキャラクター「リフォモ」

会員・商談ページへ

こんなにある!キッチンの設備機器

キッチンを考えるうえで忘れてはならないのが、キッチン廻りの設備機器です。せっかく選んだシステムキッチンやオーダーキッチンも、収納の機能性や設置位置をおろそかにしては使い勝手の悪いものになってしまいます。キッチンに求められる要素を押さえ、快適なキッチンをつくる基礎知識を身につけておきましょう。

マスコットキャラクターリフォモ

このページをはてなブックマークに追加 mixiチェック

まずはシステムキッチンとオーダーキッチンを選ぶ。

●簡易型と部材型

オーダーキッチンは思い通りに設計できるため、インテリアとの調和などの面で満足度の高いものがつくれます。一方、各パーツを組み合わせて天板をのせて1つにしたのがシステムキッチンです。システムキッチンにはコンパクトな簡易型と自由度の高い部材型の2種類があります。

キッチンのプランニングには順序が大事!

●事前に必要なこと

キッチンの道具は多くなりがちですが、本当に必要なものに絞って置くようにしましょう。また家電製品などは、何をどこに置くかを事前に把握し、コンセントの位置などを調整しておくとよいでしょう。

●プランニング

システムキッチンでのプランニングの手順は以下の通りです。オーダーキッチンでは、さらに自由度が高くなります。
1.レイアウトを決定する
キッチンセットの並べ方を決めます。簡易型なら、I型、L型を中心に決められているタイプの中から選択します。部材型の場合は自由にレイアウトできます。

2.奥行きを決定する
奥行きは通常60〜75cm程度。大型のシンクを置く場合は最低60cmは必要になります。奥行きは、流し台と収納パーツの調整で変えることもできます。

3.扉の素材を選ぶ
汚れに強く、容易にメンテナンスできる素材を選びます。インテリア重視のオーダーキッチンの場合、こだわって選びたいポイントの1つです。

4.ワークトップの素材を決める
簡易型ならステンレスや人工大理石、メラミン化粧合板、部材型ならさらに多様な素材の中から好みのものを選びます。扉材とのバランスも考慮しましょう。

5.シンクのタイプ・大きさを選ぶ
ジャンボやセミジャンボのシンクがすっかり定番となりました。水栓の種類も充実しているほか、ゴミ処理機能やソープディスペンサーの付いたものもあります。

6.レンジと換気扇を考える
グリル付きレンジと、換気扇・レンジフードといった、必要不可欠なものを組み込むことができます。設置する位置と高さを十分に検討しましょう。

7.収納の検討
吊り戸棚ユニットのほか、収納力の高いトールキャビネットは便利です。部材型では、キッチン下に組み込めるオプションなども充実しています。

ワークトップは大きさと素材が肝心!

ワークトップのサイズで一般的とされるのは「80〜85cm」ですが、「身長÷2+5cmが適切」という考え方もあります。いずれにしても、数字だけにとらわれず、実物をチェックして使い勝手を重視して選ぶようにしましょう。また、ワークトップの素材はメンテナンス性や耐久性を重視して選びたいものです。また、オープン・セミオープンタイプのキッチンでは人工大理石や樹脂、タイルなどから、インテリア性も考慮して選びましょう。

シンク選びのポイント

シンクには一槽式と二槽式があり、一槽式は大きさによって以下のように分類されます。
1.ジャンボシンク(W約90cm)
スライド式のシンクや水切りトレーなどでスペースを調整できるものもあります。

2.セミジャンボシンク(W約75cm)
使い勝手がちょうどよく、多めの料理にも対応できる人気のタイプです。

3.シングルシンク(W約60cm)
以前は基本とされていた大きさ。2世帯住宅などでは、別々の場所にシングルシンクを2つ設ける方法もあります。

4.パーティシンク(W約40cm)
サブシンクとして使用すれば、作業がスムーズになります。なお、二槽式シンク(ダブルシンク)とは、大小2つに分けられたシンクのことで、大きい方はシングルシンク、小さい方はパーティシンクが一般的。

食生活に合わせた調理機器

クックトップ(コンロ)には、ガステーブルタイプとビルトインタイプがあります。家庭の食生活に合ったものを選ぶようにしましょう。

換気設備のイロハ

キッチンでは、調理に伴う煙や湯気、臭いの排出のために、強制換気が必要になります。換気の効率を上げるには、換気扇にフードを設けて煙や湯気を集めやすくするという方法があります。

上記の記事は、2011年7月25日現在のものです。掲載情報の著作権は株式会社オウチーノ(以下:弊社)に帰属します。情報内容は保証されるものではありませんので、万一この情報に基づいて被ったいかなる損害についても、弊社および情報提供元は一切の責任を負いません。予めご了承ください。


お知らせ
  • プロと一緒に現地へ!未購入物件の内覧同行サービス(無料)

施主支給でもできる!満足度UPのリフォーム事例を掲載

メディア掲載情報

ビジネス誌『ダイヤモンド別冊 価値ある不動産』に情報掲載
価値ある不動産
ダイヤモンド別冊(2018/12/13)にオウチーノが取り上げられました。

ダイヤモンド特設ページ

会社名・フリーワードで探す

  • キャンペーン
このページの先頭へ