建築家・ナイトウタカシさんのブログ「親の近くに子供世帯が暮らす【具体例】」

親の近くに子供世帯が暮らす【具体例】

2018/01/13 更新

とっても立派な差し鴨居のある民家です。



しかも。

手入れが行き届いているのと、いい材料が使われているので、

とってもきれいです。



本物素材は、しっかり手入れすれば、

いい味を出しながら、風合いが出てくる。

そんなことを実感しました。





さて。

前置きが長くなりましたが。。



先日、ブログでご紹介した、

子世帯が移り住んでくるため、家創りについて相談したい

という方と、昨日、じっくりお話してきました。



実は、冒頭の写真は、そのお宅のワンショットなんです。

大きな敷地に、、しっかりとした造りの母屋があります。



母屋の規模は相当大きい上に、

増築した別棟の家が隣接していました。



実は、家の半分以上を普段使っていない様子でした。



この敷地に、息子世帯が戻ってくる。

そのために、どういったことが考えられるか。





母屋をできるだけ残したいということでしたので、

ひとつの方針は、大きな母屋を、フルリノベーションして

二世帯住宅に創り変える。



費用も抑えることができるのでよいのですが、

将来に向けて、息子さんがどう暮らしていくのかが

ポイントになりますね。





次は、母屋を残して、増築部を解体。

そこに、息子様世帯が、別棟で家を新築し、

母屋は一部改修する。



母屋を残したい意向と、息子さんが新築できて、

しかも別棟なので、プライバシーも保てます。



先日ご紹介した、「近居」ですね。



とてもいい方法なんですけど、

母屋がとても日当たりのいい場所にあるので、

その残った場所で新築になります。



将来母屋を使わなくなった時、もっと日当たりのいい場所に

行きたくなりますよね。





もうひとつは。

母屋も含めてすべて解体。

完全分離型でよいので、二世帯住宅を建てる。



費用は一番かかりますが、

将来的にも、日当たりがよいですし、

息子さん夫婦とお孫さん夫婦との二世帯になった場合にも

そこで、暮らすことができます。



敷地を有効に使えば、適度な距離感を持った

家にすることは可能です。



費用以外では、将来含めて、とてもいい選択肢です。





大まかには、そんなご提案をしました。



あとは、奥さまや息子様御家族との

じっくり検討していただいて、

どの方法がベストなのかを見極めていただけると思います。







特に、二世帯の家をかんがえる時強く感じることがあります。



家創りって、人生そのものをかんがえることなんだと。





しっかり関わって、いいご提案ができるといいなと

思います。

注目の建築家

ARCHITECT’S BLOG

建築家ブログ最新記事:RSS

太陽光発電

田中文雄

2018.07.19
今回はガス発電と連携させるのが ...

建築家:田中文雄

正常気象では?

相川直子+佐藤勤

2018.07.19
この猛暑でも相変わらず走っている…...

建築家:相川直子+佐藤勤

二世帯が暮らす家。竣工間際…

ナイトウタカシ

2018.07.19
まもなく竣工予定の家です。 昨日...

建築家:ナイトウタカシ

ワタシノカンガエルコト(デ…

石本輝旭

2018.07.18
ディテールの検討は重要です っとい...

建築家:石本輝旭

中国imagesから出版の…

石川淳

2018.07.18
中国のimages社から出版のハー...

建築家:石川淳

建築家ブログ記事一覧へ

ISSUE

how to use

建築家オウチーノの使い方

FAQ -よくある質問と答え-

専用フォームで24時間お問い合わせ受け付けます

一般の方、建築家の方、不動産会社の方専用フォーム

TRUSTe

このページの先頭へ