建築家・ナイトウタカシさんのブログ「浴室のつくり方って?」

浴室のつくり方って?

2021/01/12 更新

落ち着いた雰囲気のバスルームです。(一枚目)



お気に入りの浴槽、水栓、壁の素材や床まで、

在来の浴室にすれば、自由度は相当高くなりますね。



在来の浴室って?

と思われた方もいますよね、きっと。



浴室をつくる時、大きくわけて、二つの方法があります。



一つ目は、ユニットバスですね。

壁や床、天井をユニット化されたパネルで構成しているタイプ。



ある一定の規格品になるため、制約はあるのですが、

掃除がしやすかったりするのはメリットですよね。



構造躯体とは別構造になっているので、

将来取りかえする際にも、構造に影響なくできますね。



いろんなメーカーから、いろんな種類が出ていて、

ずいぶんとバリエーションが増えてきました。



色柄や仕様は、ずいぶんとよくなってきてます。



ただ、浴槽を大きくしたり、シャワー水栓を自由には設定できないので

見た目は、どこまでいっても相応になります。



それとは別で、在来と呼ばれる工法があります。

構造躯体に防水をしながら、床や壁、天井を構成していきます。



全ての部位が、いろんな素材がセレクトできますし、

浴槽や水栓は、自由に組み合わせできます。



円形の浴槽だってありますから。(二枚目)



ホテルライクな浴室を実現したい!というときには、

在来の浴室がオススメです。



ただし。

在来の場合は、構造躯体に取り付けながら工事していくので、

将来の取りかえの際に、壁や床の解体が結構大変になります。



構造躯体を壊さないように慎重にしないといけませんしね。



それと、壁や床に採用する機会が多い素材がタイルなのですが、

タイルとタイルの目地に、どうしても、汚れ付きやすい。



そういった意味では、清掃は、ユニットバスに比べて

大変になりますね。



見た目をとるのか。

将来性や清掃性を重要視するのか。



その辺も考えながら、決めていくといいですよ。



そうそう。

昨日も、別のお客様と照明のショールームへ行ってきました。



やはり。

改めて思ったのですが、明るさの感覚って、人それぞれだってこと。

一昨日とは全然違いましたから。



明るさ感は、しっかり確認してくださいね。

注目の建築家

ARCHITECT’S BLOG

建築家ブログ最新記事:RSS

ペンダントライトはどれがい…

ナイトウタカシ

2021.01.17
素敵なダイニングキッチンですよね。...

建築家:ナイトウタカシ

土地探しの大事なポイントっ…

ナイトウタカシ

2021.01.16
家づくりをされる人の中で、土地をお...

建築家:ナイトウタカシ

電気配線とお知らせ

平 泰博

2021.01.15
千葉市内のお家の配線工事進行中です...

建築家:平 泰博

コンクリートブロックの使い方

ナイトウタカシ

2021.01.15
ちょっと不思議なアングルですが。(...

建築家:ナイトウタカシ

家の中にアーチをつくるには?

ナイトウタカシ

2021.01.14
アーチがきれいですよね。 ...

建築家:ナイトウタカシ

建築家ブログ記事一覧へ

ISSUE

how to use

建築家オウチーノの使い方

FAQ -よくある質問と答え-

専用フォームで24時間お問い合わせ受け付けます

一般の方、建築家の方、不動産会社の方専用フォーム

TRUSTe

このページの先頭へ