建築家・ナイトウタカシさんのブログ「玄関の床仕上げってどんなの?」

玄関の床仕上げってどんなの?

2021/01/13 更新

玄関と玄関先の床を見ています。(一枚目)



こちらは、とある家づくりの現場。

外構工事が進んでいて、玄関先にタイルが張れていました。



玄関や玄関先の床仕上げで、よく採用する仕上げといえば、

磁器質のタイルか、モルタル金ゴテ仕上げです。



モルタルであれば、マットな質感で、ミニマルな感じですよね。



最近は、そのミニマルさが好まれて、採用する機会もありますが、

モルタルは細かなクラックが入りやすいので、その辺は理解が必要です。



そういった懸念がなくて、よく採用されるタイル。



ほんと、いろんな種類や大きさがあるんですよね。

タイル好きの私としては、書き出したら、長くなってしまいそうですが(笑)

今日は、玄関の床の一部に絞ってお伝えしましょう。





一枚目の写真。



30cmX60cmの長方形をしたタイルを、互い違いにして張ってます。

目地を通して張るのもいいのですが、こういった長方形の場合は、

こういったランダムな張り方もおすすですよ。





二枚目の玄関は、大きめの正方形タイルを目地通して張ってます。



こういった長方形の場合は、ずらして張るよりは、

目地を通して張る方が、見た目もスッキリしますね。



タイルは張り方にも、しっかりこだわりたいですね。





それと。

二つのタイルの柄を見てください。



石目柄にはなっているのですが、それぞれ違う石をモデルにしてるので

全然表情が違いますよね。



大人し目の表情で、均一な感じに見えるタイルもたくさんありますが、

二枚目の写真のように、一枚一枚で、表情のあるタイルも

最近、多く見かけるようになってきました。



最近では、同じ品番のタイルなのに、色が違ってくるような

種類もあったりして、すごいインパクトになることもありますね。



床面に表情のあるタイルを採用した場合は、

壁や天井は、控え目がオススメです。



理由は、せっかくの表情が、他で薄まってしまうから。

もちろん、チャレンジとして強いものを合わせてみることもできますが、

プロと一緒に選定した方がよいかもしれませんね。





三枚目は、大理石柄のタイル。

高級感ありますよね。



玄関だけでなく、玄関ホールまでタイルを張りこむと、

それだけで、上品に見えるって面白いですよね。



ちなみに。

写真ではわかりませんが、玄関はツヤのない

滑りにくいタイルで、ホールはツヤのあるつるっとしたタイル。



玄関や玄関先でタイルを採用する際は、しっかりとグリップが

効いているのかを調べてくださいね。



雨の日に、滑ってケガしてしまうといけませんから。





あっという間に、長文に(笑)

タイルって、ほんと魅力的な素材です。

注目の建築家

ARCHITECT’S BLOG

建築家ブログ最新記事:RSS

ペンダントライトはどれがい…

ナイトウタカシ

2021.01.17
素敵なダイニングキッチンですよね。...

建築家:ナイトウタカシ

土地探しの大事なポイントっ…

ナイトウタカシ

2021.01.16
家づくりをされる人の中で、土地をお...

建築家:ナイトウタカシ

電気配線とお知らせ

平 泰博

2021.01.15
千葉市内のお家の配線工事進行中です...

建築家:平 泰博

コンクリートブロックの使い方

ナイトウタカシ

2021.01.15
ちょっと不思議なアングルですが。(...

建築家:ナイトウタカシ

家の中にアーチをつくるには?

ナイトウタカシ

2021.01.14
アーチがきれいですよね。 ...

建築家:ナイトウタカシ

建築家ブログ記事一覧へ

ISSUE

how to use

建築家オウチーノの使い方

FAQ -よくある質問と答え-

専用フォームで24時間お問い合わせ受け付けます

一般の方、建築家の方、不動産会社の方専用フォーム

TRUSTe

このページの先頭へ