リフォーム費用「比較サイト」
リフォームO-uccino(オウチーノ)

リフォームO-uccino(オウチーノ) ナビゲートキャラクター「リフォモ」

会員・商談ページへ

和室のリフォーム その2(収納)

和室をインテリア性の高いものにするコツは、極力生活感のある物を置かずシンプルな空間にすること。 それには、しっかりとした収納が必要です。和室での布団の出し入れには、押入れが一番合理的。しかし、その奥行きの深さから布団以外のものをしまうには多少不便です。生活スタイルによって、和室の収納をもう一度考えてみませんか。

和室・収納リフォーム

希望の条件を登録するだけで、最大9社の優良リフォーム会社をご紹介!費用・提案を比較して、安心のリフォームが可能です。

匿名・無料でリフォーム会社に相談・見積もりを依頼する

押入れ

押入れ

押入れの扉といえば、引き違いの襖(ふすま)が一般的ですが、難点は片側ずつしか開けられないこと。そのため、押入れの使い方が限られ、物の出し入れにも不便です。そこでおすすめなのが、押入れの幅いっぱいに全開できる扉。中はそのまま、扉を折り戸や開き戸、カーテンに変えるだけ。インテリアとしても統一感がとれ、グレードアップします。ルーバータイプの扉にすれば、内部の通気性がよくなり、湿気もこもりにくくなります。
また、押入れの奥行きを生かした使い方としては、中板をはずして書斎コーナーにするのもおすすめ。来客時など扉を閉めてしまえば、雑多なものをさっと隠せます。

クローゼット

クローゼット

和室には押入れと決めつけていませんか。実は、クローゼットも選ぶ材質によって和室によくマッチします。床から天井まで壁一面を使って造り付け収納をつくれば、寝具から衣類、テレビ、仏壇まで集中的に収納することができます。扉を閉めれば壁のようになるので、いくつも家具を置くよりスッキリと洗練されたイメージになります。
また、和室のリフォームで押入れをクローゼットに変える場合、奥行きがありすぎるので、手前をクローゼットにして、奥は反対側の部屋の棚に考えると有効利用できます。

畳の床下収納

昼間はリビングの延長として、夜間は寝室として多目的に使えるのが和室。布団等をしまうのに一間分の押入れではたりないというご家庭なら、畳の床を20cmほどあげてその下を収納にする方法があります。床面積を減らすことがないので、広さを変えたくないご家庭にもおすすめ。季節用品やバッグなど大きな物もたっぷり入ります。人が集まった時など、腰かけるスペースにもなります。

和室リフォームの基礎知識

ひとくちに和室のリフォームと言っても、内容は様々です。まずはリフォーム箇所それぞれの特長をご覧下さい。

和室リフォームの種類

和室のリフォーム事例を見る

リフォーム事例を検索する

和室リフォームの事例から、予算感やリフォーム後の具体的なイメージを把握しよう。

縁なし畳でモダンな和室に/施工費用:80万円

縁なし畳にしたことで、ジャパニーズモダンな空間が完成しました。クローゼット折れ戸は、無垢のナラ材にしました。明るい色味なので決して主張しすぎず、畳と美しく調和します。…

押し入れの中段を撤去/施工費用:4万円

押し入れの中段を撤去して、床にコンパネを張り、強度を高めました。中にはタンスを収納。襖天袋も張り替えました。…

和室内装リフォーム/施工費用:90万円

天井と壁は下地を補修したのち塗装(一部クロス仕上げあり)し、畳は表替え(一部は新規に入れ替え)、襖(ふすま)は補修後張り替えました。…

落ち着いた印象の和室/施工費用:139万円

もともと和室でしたが、床の間製作を機に襖・障子の張替、畳も新調し、建具も擦り上げ障子にし、庭の四季折々の景色を楽しめるようにしました。…

匿名・無料でリフォーム会社に相談・見積もりを依頼する

※2013年10月「リフォーム産業新聞調べ」


お知らせ
  • プロと一緒に現地へ!未購入物件の内覧同行サービス(無料)

施主支給でもできる!満足度UPのリフォーム事例を掲載

メディア掲載情報

ビジネス誌『ダイヤモンド別冊 価値ある不動産』に情報掲載
価値ある不動産
ダイヤモンド別冊(2018/12/13)にオウチーノが取り上げられました。

ダイヤモンド特設ページ

会社名・フリーワードで探す

  • キャンペーン