庭付きの一戸建ては多くの人にとって憧れ

住宅における採光の重要性とは?家を建てるとき、多くの人は十分な広さのある庭が欲しい!と思うことでしょう。 庭があれば、光をたくさん入ってきますし、お子様がいる家庭ならば夏場はプールを出して家族の時間を過ごすこともできる。 植栽を植えれば、四季を感じられるおうちになるのでとても良い家になります。 とは言え、敷地が広ければ、十分な広さの庭を作ることも可能ですが、都市部の狭い敷地や住宅密集地では一筋縄ではいきません。せっかくマイホームを建てるのならば、家族で楽しく過ごせる家にしたいですよね。そういった要望を叶えてくれる方法の一つとして、「中庭」があります。中庭の家にはどんなメリットがあるのでしょうか?また、どんなことに気をつけなければならないのでしょうか?今回は中庭付きの家を建てるにあたっておさえておくべきポイントをご紹介します。

  • 都市部の住宅では中庭が活きる

    都市部で庭を作る十分な広い敷地を得るのはなかなか難しいこと。 また、敷地ギリギリに家を建てることも多いため、隣家との距離が近く、プライバシーの問題も発生しがちです。 更に人通りが多い場合は、通行人の視線も気になるところ。せっかくの家を建ててもカーテンを閉めきっての生活なんて嫌ですよね。
    こんな問題を解消してくれるのが、中庭のある家。
    外からの視線を建物が遮ることでプライバシーを保つことができ、中庭に面して大きな窓を設けることで光を十分に取り入れたり、通気をしやすくもなります。防犯面でも比較的意識をしなくても良いので、安心して子供を遊ばせることも出来ます。狭い敷地の中でもくつろぎの空間を作ることで、日々のゆったりとした時間を取ることが出来るのが最大のメリットと言えます。

  • デメリットがあることも忘れずに

    一見メリットばかりの中庭付き家ですが、当然デメリットもあります。 当然中庭を確保しようとすれば、中庭のためにそれなりの敷地が必要となりますから、敷地が十分ではない場合は間取りから一部屋減らす、居室を狭くするなどのをする必要があります。ロの字型の場合(建物中央に中庭がある家)、風の流れをきちんと理解をしていないと、湿気がこもりやすくなることもあります。また、中庭からの光を多く取り入れるために窓を大きく取ることで、光熱費が増えてしまうことも考えられます。その上、窓を大きく取ることで構造上の強度が必要となることもありますので、建築費が膨らんでしまう可能性もあります。

  • 特徴をきちんと理解して、暮らし方をイメージする

    中庭のある家は「おしゃれな空間」という側面が注目されがちですが、前述したメリット・デメリットを見ると暮らしに直結する面を多く有しています。中庭にどのような役割を求めるのか?その中庭を通してどのような暮らし方をしていこうとしているのかを具体的にイメージをすることで、中庭とそれ以外のお部屋の優先度や役割が見えてくると思います。 立地や気候、建物の構造、素材、間取りの取り方と密接する部分の多い家となりますから、中庭のある家を多く手がけた建築家へのご相談をしましょう。

建築家による中庭のある家事例

建築家がさまざまな工夫を凝らしデザインをした、中庭のある家の事例をラインナップしてお届けします。

  • 小さな中庭と大きな縁側の家

    小さな中庭と大きな縁側の家
    総工費
    2000万円
    坪単価
    30万円
    こだわりポイント

    多くの所要室を中庭の周りに配置することで、効率よく回遊性のあるプランニングを行いました。ランニングコストの削減と、輻射による体感の良い空調を行うため、建物の床下全面に敷設した蓄熱・蓄冷ユニットにより冷暖房を行うシステムを導入しています。

    この建築家に相談する(無料)
  • 中延yh

    中延yh
    総工費
    2700万円
    坪単価
    87万円
    こだわりポイント

    16坪の敷地に建つ、建坪9坪、木造3階建ての小さな住宅です。周囲を建物に囲まれていますが、中庭を設けそこから光と風を取り入れています。 小さくても広がりのある心地よい空間です。省エネルギーの工夫があり、冬暖かく夏涼しい住まいです。

    この建築家に相談する(無料)
  • 西品川sh

    西品川sh
    総工費
    -万円
    坪単価
    -万円
    こだわりポイント

    3両親と子世帯人が住む2世帯住宅。敷地中央に中庭を設け各世帯を左右に振り分けています。そして上下階で家族間の関係を調整。以前からこの敷地にあったザクロの木を移設した中庭は、世帯間の中間領域となり、また近隣の視線が気にならないプライベートな外部空間となっています。 世帯間の程よい距離感、各自がお気に入りの居場所にも中庭からの心地よい光と風が流れる住まいです。

    この建築家に相談する(無料)
  • O-House

    O-House
    総工費
    3000万円
    坪単価
    63万円
    こだわりポイント

    中庭まで含めた建物全体をひとつの空間とした個人住宅。 ウッドデッキを敷いた中庭を家のシンボルとして、中庭も含めて全体をひとつの大きな空間としました。 建物内をつなぐ中庭が、風や光を通し、家族の視線をやわらかくつなぎます。

    この建築家に相談する(無料)
  • O-House

    O-House
    総工費
    -万円
    坪単価
    -万円
    こだわりポイント

    間口が狭く、奥に長い敷地に建つ都市型の戸建て住宅です。 透過性のある門扉廻りが閉鎖的過ぎず、適度にセキュリティを強化させています。 また暗くなりがちな敷地奥には中庭を設け、採光を取り込みプライバシーの守られたテラスを実現させています。 道路間口からは想像のつかない空間の広がりがとれた住宅です。

    この建築家に相談する(無料)
  • 焼き杉の家

    焼き杉の家
    総工費
    2980万円
    坪単価
    64万円
    こだわりポイント

    人通りが多い敷地のため、外部には閉じ、内部に中庭を設けてそこに大きく開く計画としました。 中庭との仕切りは木製の5枚引き戸で空け放つと内部と外部が一体化します。外壁には焼き杉を張り、一部外壁がめくれあがったかたちでアプローチを設けている。

    この建築家に相談する(無料)

注目の建築家

ISSUE

新着お役立ち記事

記事一覧へ

how to use

建築家オウチーノの使い方

FAQ -よくある質問と答え-

TRUSTe

このページの先頭へ