-広々とした空間を演出する-吹き抜けのある家特集

ホテルやショッピングセンターなどでおなじみの「吹き抜け」構造。家づくりには関係のないことだと思っていませんか?じつは2階建て以上であれば、家でも吹き抜けは造れるのです。そんな吹き抜けのメリットや造るときの注意点をまとめてみました。

「吹き抜け」のメリットとは?

吹き抜けとは、建物の内部で天上や床を作らず、複数の階を貫通した造りのことです。
最大のメリットは、開放感があり、視覚的に広く感じることでしょう。1階から上の階を見上げたり、上の階から下を見下ろしたりという具合に、目線が上下に遊べるようになります。商業ビルやホテルなどの集客施設では、訪れた人の楽しい気分を演出するために使われています。下を見るより、上を見る方が気持ちが晴れやかになるのです。
さらに、上の階の窓から入ってくる光が下の階にも届くので、日中、家の中はより明るくなります。この「明るさ」もまた、空間の開放感を演出してくれるというわけです。
加えて家の場合は、家族との距離を身近に感じられるというメリットもあります。2階に子ども部屋がある場合、普通なら1階から子どもの様子をうかがい知ることはできません。ところが「吹き抜け」なら、上の階の様子がなんとなくわかるため家族の距離が縮まるのです。

「吹き抜け」の注意点

さて、吹き抜けを造るときには、一体どんなことに気をつければいいのでしょうか?
最大のポイントは「空調を考慮しておくこと」です。
吹き抜けは、壁や床で区切らずに家の中の空間を一体にすること。当然ながら、冷房や暖房で快適な温度を維持しようとすると、通常よりコストがかかります。これは単に「広い空間を暖めたり冷やしたりするのが大変」というだけの話ではありません。吹き抜けのような上下に広い空間では、暖かい空気が上に集まり、冷たい空気が下に集まるといった「対流」が起きます。そのため普通とは違った効率的な冷暖房のシステムがいるわけです。さらに、音の問題も注意しておかねばなりません。吹き抜けは、いわば「大きな筒」なので、音が反響すれば思わぬ騒音を生むことがあるのです。成人した子どものいる家など、家族のライフスタイルが一人ひとり違う場合、それぞれの生活音が互いにとって不快にならないか、充分に考えてプランを練るようにしましょう。

建築家による吹き抜けのある家の事例

建築家がさまざまな工夫を凝らしデザインをした、吹き抜けのある家の作品をラインナップしてお届けします。

  • 小さな中庭と大きな縁側の家

    間取り
    4LDK
    延床面積㎡
    220.0㎡
    敷地面積
    103.0㎡
    山本嘉寛
    • 関東
    • 東海
    • 関西
    • 九州
    こだわりポイント

    多くの所要室を中庭の周りに配置することで、効率よく回遊性のあるプランニングを行いました。ランニングコストの削減と、輻射による体感の良い空調を行うため、建物の床下全面に敷設した蓄熱・蓄冷ユニットにより冷暖房を行うシステムを導入しています。

    この建築家に相談する(無料)
  • 3層吹き抜けの家Ⅱ

    間取り
    3LDK
    延床面積㎡
    133.9㎡
    敷地面積
    100.8㎡
    琴雅佳
    • 関東
    • 東海
    • 関西
    • 九州
    こだわりポイント

    3層吹き抜けのつくりになっている。空気循環システムを取り入れることで、吹き抜けでも1階から3階までの温度が調整されて居心地よく過ごせます。

    この建築家に相談する(無料)
  • 大きな吹き抜けのあるお家

    間取り
    3LDK
    延床面積㎡
    110.0㎡
    敷地面積
    260.0㎡
    中川善博
    • 関東
    • 東海
    • 関西
    • 九州
    こだわりポイント

    開放感があり、大きく明るいリビングにする為に大きな吹き抜けを作りました。風通しが良く、どの部屋も明るいです。調湿作用のある最高の断熱材を使用しています。

    この建築家に相談する(無料)
  • 越谷の家

    間取り
    -LDK
    延床面積㎡
    142.0㎡
    敷地面積
    -㎡
    長浜信幸
    • 関東
    • 東海
    • 関西
    • 九州
    こだわりポイント

    敷地の持っている魅力を損なわないように、設計は間取りも外観も出来るだけ素直にシンプルに考え、のびのびとした大らかさを感じられるように考えました。 自然素材を多用したインテリアは建て主の趣味をほどよく反映して少し懐かしく優しい空間が出来たのではないかと思っています。

    この建築家に相談する(無料)
  • GOZU邸

    間取り
    5LDK
    延床面積㎡
    172.6㎡
    敷地面積
    310.2㎡
    こだわりポイント

    東南に設けたアール状の吹き抜けの居間を中心に落ち着いた空間を構成しました。少しレトロで重厚感がある外観、東ダレの敷地の傾斜を考えた平面です。

    この建築家に相談する(無料)
  • 柿の木を抱く家

    間取り
    4LDK
    延床面積㎡
    158.6㎡
    敷地面積
    97.4㎡
    こだわりポイント

    「既存の柿の木を生かしたい。」建主のこの想いをうけ、柿の木を包み込むような家を構想しました。木に向かう軸線上に、吹抜の居間を配置し、その吹抜に向かって各室を展開し、どの部屋からも柿の木の姿が目に入るようにしました。 柿の木を取り巻くウッドデッキと居間との一体感、吹抜上部を渡るブリッジからの景色など、柿の木との多様な関わりが生まれることをめざしています。

    この建築家に相談する(無料)
  • 大きな吹き抜けのある家

    間取り
    -LDK
    延床面積㎡
    -㎡
    敷地面積
    -㎡
    こだわりポイント

    1階のリビング、ダイニングにいかに光を取り入れるかを考えて、大きな吹き抜けを設けて上から下に光を落とすことと漆喰で拡散する光を相乗効果として部屋全体が明るくなるようにしました。

    この建築家に相談する(無料)

注目の建築家

ISSUE

新着お役立ち記事

記事一覧へ

how to use

建築家オウチーノの使い方

FAQ -よくある質問と答え-

TRUSTe

このページの先頭へ