キッチンリフォームを成功に導く3つのポイント

BA.houseガスコンロやシンク、キッチンカウンター、収納、ビルトインタイプの食洗機やオーブンなど、キッチン関連の設備機器は実にさまざまです。また、現在主流のシステムキッチンは多くの機能を備え、バリエーションも豊富。主要なメーカーのものなら、ショールームで実物に触れて使い勝手を確かめることも可能です。とはいえ、単に最新のシステムキッチンに取り替えることだけがキッチンリフォーム成功への近道とは限りません。本当に使いやすく、毎日のお料理を心から楽しめる「理想のキッチン」を手に入れるためには、次のようなポイントを押さえておきましょう。

  • 「カウンターの高さ」が使い勝手を決める!

    キッチンの使い勝手を決める大きなポイントの1つが、「キッチンカウンターの高さ」です。素材を切ったり下ごしらえをしたりと、細かい作業をすることの多いキッチンカウンターは、高すぎても低すぎても体への負担が大きくなります。既製品のシステムキッチンは同じ製品でも高さを選べるタイプがほとんどですので、使う人の身長を考慮して選ぶのが吉。メーカーによっては奥行きを選べる製品もありますので、ショールームなどで実際に触れながら検討するとよいでしょう。
    また、既製品を使わずに建築家に相談するという方法も一つの手です。建築家なら、キッチンの形状はもちろん、カウンターの高さや幅、奥行きまで自由に設定でき、カウンターや収納扉の素材、水栓の種類なども、予算に応じたカスタマイズが自由自在。世界に一つしかない、あなただけのキッチンを手に入れることができるはずです。

  • 理想のキッチンはライフスタイルから導き出す!

    システムキッチンの交換だけでなく、キッチンの移動を伴うリフォームをする場合は、「リフォーム後にどのように暮らしたいか」がポイントです。例えば、「家族と一緒に料理をしたい」「お客さんを招いてパーティをしたい」といった場合は、リビング・ダイニングと隣接したアイランドキッチンが筆頭候補。逆に、お客さんには見えないようにしたい場合は、壁で仕切られたクローズなキッチンが適しています。ライフスタイルによってキッチンの理想形は変化するのです。
    また、ダイニングやその他の水廻りとの動線、デザインの統一感、オリジナリティを重視したいなら、建築家へ相談するのもオススメ。オリジナルキッチンの製作はもちろん、既製品を使ったリフォームにも対応してくれるので、選択の幅がぐっと広がります。

  • キッチンリフォームの費用を抑えるには?

    どんなリフォームにも予算はつきもの。限られた予算の中では、少しでもリフォーム費用を抑えたいところです。費用を抑えるための大きなポイントは、「複数のリフォーム工事を同時に行う」こと。例えば水廻りのリフォームでは、床下のガス管や水道管の工事のため、床をいったんはがすことになります。もし近い将来、トイレや浴室、洗面室など水廻りのリフォームを検討している場合、そのたびに床をはがしていては非効率的です。そこで、これらのリフォーム工事を同時に行うことで、床の工事が一度で済み、トータルの費用を抑えることができるのです。また、キッチンの移動を伴うリフォームの場合、キッチンの交換に比べて必要な工事が増えるため、コストがアップすることも覚えておきましょう。場合によっては、キッチンの移動をせずに、その分の工事費をキッチンのグレードアップに使うというのも賢い選択肢となるでしょう。

建築家によるキッチン・水廻り事例

建築家がさまざまな工夫を凝らしデザインをした、キッチン・水廻りの事例をラインナップしてお届けします。

  • 自然エネルギー利用のローコストハウス

    自然エネルギー利用のローコストハウス
    総工費
    2500万円
    坪単価
    71万円
    こだわりポイント

    非日常的空間でありながら、落着ける住まいにして欲しいとの要望があり、オールステンレスのキッチンを設計。コストを掛けずに、オールステンレスキッチンにする方法として、壁・天井は、全てセラール(不燃化粧板)を採用し、ステンレス仕上げとすることにより、コストを抑えています。

    この建築家に相談する(無料)
  • 油面の家

    油面の家
    総工費
    1500万円
    坪単価
    61万円
    吉能雅人
    • 関東
    • 東海
    • 関西
    • 九州
    こだわりポイント

    キッチンは安くても既製品は嫌というお施主様のご希望に応えた提案。 形状や機器をシンプルにすることでコストを抑え、カウンター下部をフリースペースにし、将来のカスタマイズに対応出来る様にしてあります。 木のカウンターはメンテさえしっかりすれば、とても雰囲気が良いし、カウンター形状は床が広く見え、部屋が広く見える等のメリットもあります。他の場所に収納を確保すれば、限られた予算の中でのキッチンづくりにはオススメです。

    この建築家に相談する(無料)
  • 市川のコートハウス

    市川のコートハウス
    総工費
    3400万円
    坪単価
    81万円
    こだわりポイント

    敷地の奥の雑木林を眺めながら静かに読書を楽しみたいというのが奥様の希望でした。 ご主人は料理を趣味としていて、友人を大勢呼んで中庭でバーベキューを楽しみたいというのが希望でした。 外の景色を楽みながら家族団欒の中心となるアイランドキッチン、開放感が気持ちよく、テラスに繋がり家事動線に優れたサニタリーを採用しました。

    この建築家に相談する(無料)
  • 大和H邸

    大和H邸
    総工費
    2400万円
    坪単価
    63万円
    菅家幹・和子
    • 関東
    • 東海
    • 関西
    • 九州
    こだわりポイント

    家族みんなで家事をしたいと言う希望と、今の機器(オーブン)を使い続けたいとの希望があり、キッチンを一から設計しました。同時に複数の人が入り、動線が複雑化するので、それぞれの役割の人を考えながら食器などの収納場所を考え、動線が重ならないように。スペースも適度にとって行くことで、全員がスムーズに作業を行うことが出来ます。また、リビングと一体になったオープンキッチンですので、冷蔵庫置き場などを工夫、杉の床材にマッチングできるよう心がけており、機能と意匠が一体となったキッチンとなりました。

    この建築家に相談する(無料)

注目の建築家

ISSUE

新着お役立ち記事

記事一覧へ

how to use

建築家オウチーノの使い方

FAQ -よくある質問と答え-

TRUSTe

このページの先頭へ